安心の保証体制 当社は、「株式会社 住宅あんしん保証」の登録事業者です。

anshin.jpg

 

ハウジングアーキテクト東京では、お客様に安心してお家を建てて頂くために、

国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人 株式会社 住宅あんしん保証

事業者登録をしております。

 

(※(株)住宅あんしん保証は、お客様を保護する視点から生まれた、住宅性能表示を担う公正で中立な第三者の保証機関です。)

 

当社が自信を持ってお届けする確かな品質・優れた性能の新築住宅を、

安心してお求め頂き、安心して住み続けていただくための、まさに目に見える証となります。

住宅瑕疵担保履行法

 

住宅瑕疵担保履行法

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)により、平成21年10月1日から新築住宅の請負人や売主(住宅事業者)には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。

 

義務づけの対象者                                                                         

住宅事業者に資力確保措置が義務付けられるのは、所有者となる発注者または買主(宅建業者を除く)に

新築住宅を引渡す場合です。代表的なケースは次のとおりです。

 

 kashihoken_cut_01.gif

 

対象となる瑕疵担保責任保険の範囲                                                            

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する

10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

 

 kashihoken_cut_02.gif

 

保険のしくみ                                                                               

個々の住宅について保険契約を締結し、瑕疵により損害が発生した場合には保険金が支払われます。

 

kashihoken_cut_03.gif

 

保険制度                                                                                   

保険制度とは

新築住宅に瑕疵があった場合に、修補等を行った住宅事業者に保険金が支払われる制度です。

 

消費者を守るしくみ

●保険法人への保険金の直接請求

住宅事業者が倒産しているなど、修補等が行えない場合、発注者・買主は保険法人に対し、瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を請求することができます。(直接請求)

●指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理

請負人・売主と、発注者・買主との間で紛争が生じた場合、指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理手続き(あっせん、調停または仲裁)を利用することができます。

 

あんしん住宅瑕疵保険とは

 

kashihoken_h4.gif

 

平成21年10月に全面施行される「住宅瑕疵担保履行法は、新築住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能に瑕疵(欠陥)が判明した場合に、それを修繕するための資力の確保を住宅事業者に求めています。その資力を確保する手段の一つが、住宅瑕疵担保責任保険への加入です。

 

kashihoken_cut_04.gif

 

details3_3.jpg

▲このページのトップに戻る